書籍・雑誌

なぜ福知山線(尼崎)脱線事故は起こったのか(本の説明)

----------

----------

ダビンチ2005年9月号掲載。
2005年4月に起こった尼崎脱線事故。メディアはこぞって、国土交通省の監督責任やJR西日本の過失を責め立てた。しかし著者は、独自の調査から、旧式のATS、急カーブ、過密ダイヤはどれも事故の原因ではないとし、新たな原因解明に辿り着く。新聞ではわからなかった事が本書で明らかになる。

原因は旧式ATSでも急カーブでもなかった。新聞・テレビではわからなかったことが、本書で明らかに。

(目次)プロローグ/転倒脱線事故の概況/福知山線はどのような路線か/207系はどのような電車か/事故は旧式ATSによって防げた/福知山線について報道された三つの間違い/転倒脱線とボルスタレス台車/残された疑問/復旧後に福知山線はどう変わったのか/大手私鉄のATSはどうなっているのか

(その他、参考文献)

| | コメント (0) | トラックバック (1)