« 日本の減らず口を閉じさせる「独島、10のポイント」(韓国日報)・・・逆に、どうも多数の突っ込むところがある「韓国の減らず口を閉口させる」記事内容 | トップページ | 「今日のイエローカードはみんなビックリしたと思いますがわざともらいました!!p(^^)」・・・大分トリニータ、北京五輪代表GK西川周作が、故意に反則したと記入。すぐに謝罪文掲載。 »

KAT-TUN田中、AV嬢小澤マリアと密会もお咎めナシの理由=「ジャニーズ事務所幹部は聖を完全に見放している」・・・特急田中3号(TBS)の視聴率から考えても納得。女性関係も乗り換えしまくりの「特急」か?と揶揄される。

----------

----------

サイゾーから。
(記事から)
 この日、聖と密会していたという女性は、小澤マリア(22)。カナダ人の父と、日本人の母を持つハーフで、そのエキゾチックな顔立ちとナイスバディで人気を集める超売れっ子AV嬢だ。たとえその名は知らなくとも、7年前に放送された「ダース」のCMで、KinKi光一と剛の三角関係に揺れ動く女性を演じていた美少女……といえばピンとくるジャニーズファンもいるのでは? 当時の彼女はモデル兼アイドルとして活動していたのだが、結局、その道では開花することなく、AVの世界へ飛び込んだのだという。

(参考)
森永ダースCM キンキキッズ・小澤マリア
http://jp.youtube.com/watch?v=mcrZKCck1cE

・・・この頃の映像は、なかなかいい小澤マリア。しかしブログの写真とか見たら、その面影がないので・・・何でかな、と思う。やはり、この業界は整形手術で成り立っている?

小澤マリアの映像。ハードなことやってます。
http://www.yourfilehost.com/media.php?cat=video&file=maria_0414_004.wmv
小澤マリアのプロフィール(DMM
小澤マリア:公式ブログ
(小澤マリア作品)・・・そこそこ内容はキツいものがある。飲尿や中出しなど作品の内容は、ほぼ肉便器といえる。本当に、森永のCMをやっていた彼女なのか?と思ってしまう。

生出し映像などを見る限り、こういう女優と付き合ったら、どういう病気がうつるか分かりませんよ、と忠告しておく。泌尿器科へ通う田中聖の様子を想像したら・・・笑えた。

(記事から)
昨年7月にも人気AV女優・倖田梨紗とのカンケイを『週刊現代』に報じられてしまった聖。過去にはグラビアアイドルの木口亜矢や一般年上女性、あびる優などと『フライデー』されたこともあり、デビュー前、当時まだ無名だったPabo・木下優樹菜と交際していたことでも知られている。

・・・(参考)
倖田梨紗(こうだりさ)のプロフィール(DMM
(作品)・・・やっぱり小澤マリアと同じような作品内容が並ぶが、内容的には小澤マリアほどではないと思われる。

木口亜矢(きぐちあや)の作品

・・・これといって、スキャンダルがあるというわけではないが・・・エロ映像やその関係の本が多数出ている。

木下優樹菜(きのしたゆきな)
・・・検索すると、この名前で出てきたりもする。木下優樹菜=「朴 優樹菜」。この話題は、そこそこ有名か。
(作品)

あびる優・・・山下智久も影響受けて悪事を働かないことを祈る。それでも、リアルクロサギになったら・・・笑えるけど。

あびる優のカミングダウト
http://www.youtube.com/watch?v=y78Cy0AmVCU
万引きは犯罪です、絶対にやめましょう。
・・・本人いわく、実際に会社が倒産までしています。
(作品)


(kat-tun赤西仁、整形前、整形後・・・こんな話も、ちょっと検索すると出てくる話題。一重まぶたが二重まぶたに)


・・・記事では「聖(こうき)を完全に見放している」とも書かれる。

(記事から)
「AV嬢と現役ジャニーズアイドルがスクープされることなど、ひと昔前なら絶対に考えられなかった話。でも今回の件に関して、事務所からのお咎めは一切なかったようです。というよりも、事務所幹部はここ最近、聖を完全に見放している。グループとしての活動には渋々参加させていますが、単独での仕事は与えられず、“干されている”状態です。聖の場合は、女性関係だけでなく、個人で勝手にクラブイベントを開催したり、事務所への相談なしに大学を中退するなど、やりたい放題ですからね。もちろん、表沙汰になっていない持ち込み写真も大量に存在しているし、叩けばいくらでもホコリが出てくるんですが、田中の場合、周囲もスキャンダルに慣れちゃって特に話題にもならない(笑)。面白くないから、あえて取り上げないんですよ」(某スキャンダル雑誌の記者)

(・・・いまいちパッとしない田中聖)

(そのほか参考)
【芸能】KAT-TUN田中聖、AV女優・小澤マリアと密会もお咎めナシの理由「ジャニーズ事務所幹部は聖を完全に見放している」
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1216614746/

田中聖
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E4%B8%AD%E8%81%96
(記事から)
城西国際大学メディア学部に入学したが、その後休学し、2008年3月に中退した。

・・・ドラマのストーリーどおり中途退学か?

(記事から)
生まれる前に「女の子であろう」と、聖(まりあ)という名前が用意されていた。生まれたら男の子だったので、字はそのままに読みが替えられた(『はなまるマーケット』より)。

・・・こういう名前の読み方する奴、よく年金記録が統合されずに宙に浮いているようなパターンの名前だな。一般人が読み方を間違って変な読みで記入されて入力されて記録が出てこないとか、性別:女とされて入力されたというケース、そのままか?まあ、ジャニーズ事務所に見放されたAV女優に狂っている男に、年金記録もクソもないだろうけど。

金曜ドラマ「特急田中3号」
http://www.tbs.co.jp/tokkyuu3/

・・・女関係も、乗り継ぎが激しい「特急」だそうだ。

「特急田中3号」(ウィキペディア)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%B9%E6%80%A5%E7%94%B0%E4%B8%AD3%E5%8F%B7 (DVD)
(記事から)
第1話 2007年4月13日 俺のレールは君につながってる! 11.5%
(中略)
最終話 2007年6月22日 俺達の列車は未来へ走り続ける 8.9%

・・・おお、この視聴率、ジャニーズの者が出ていて、これでは・・・見捨てられても・・・とは思ってしまうところ。

これに対して、キムタクの「CHANGE」は・・・
http://ja.wikipedia.org/wiki/CHANGE
最終話 2008年7月14日 最終回拡大90分SP
さようなら、朝倉総理涙のラストメッセージ
22分間の全国生中継 澤田鎌作 27.4%(関東) 30.0% (関西)

・・・違いすぎる。比べる相手が間違っているといえば・・・そうだな、といえる。

創価学会のAVビジネス
http://asyura.com/0505/cult2/msg/414.html
AV業界に多数いるという創価学会の方々。
(記事から)
「学会にはAVを表現活動として認める環境があるんです」
週刊新潮7月21日号に、こんな文章が書かれた記事が掲載されている。
「学会には、AVを表現活動として認める環境があるんです。実際、AV監督や女優が自分のビデオを学会の集会に持ち込み、みんなで鑑賞したりする。年配の女性がそれを観て、感動して泣いたりすることもあるんです」

(中略・・・学会員で構成された会社アートビデオ出身の監督の創価学会への活動についての説明)
選挙が近ずくと公明党をよろしくと電話をかけてくるぐらいで、普段は宗教の話もしません。むしろ最近勃起しなくて困るとかいう話が多い(笑)。今は学会員だからといって、友人から距離をおかれることはあまりないと思います。林由美香の葬儀の例のように、創価学会はAV文化を一般社会に浸透させるのに貢献しているような気がします」

・・・AV監督や女優が自分のビデオを学会の集会に持ち込み、みんなで鑑賞して、感動して泣く人がいる・・・まあまあ笑える。
要は、創価学会は、儲けになれば、だいたいのことは許すというわけだろうね。竹やぶに大金を捨てたりする団体、票と金にまみれた団体だからねえ。

田中聖について、さらに知りたい人は、こちら

(ここらへんの告発本は、ジャニーズへの夢や希望が完全になくなる。それどころか、この本から、恐ろしい事務所にも見えてくる)

Smapへ
そして、すべてのジャニーズタレントへ
僕はジャニー喜多川の愛人だった…元・光GENJIの著者がついに語った真実。性的虐待、ホルモン注射、盗聴器…これがジャニーズ事務所の実態だった。
【目次】
序章 僕は嘘つきだった/第1章 ジャニー喜多川の愛人だった/第2章 僕は普通の少年だった/第3章 そして、それは始まった/第4章 僕はジャニー喜多川とセックスをした/第5章 ジャニーズ事務所の真実/第6章 ついにデビューへ/第7章 北公次の告発―僕らは立ち上がった/第8章 ジャニーズをやめてもつきまとう芸能界の汚濁/第9章 ジャニーズとの最終戦争


KATーTUNへ
赤西仁がやめた本当の理由
元・光GENJIの著者がついに語った真実。性的虐待、ホルモン注射、盗聴器…これがジャニーズ事務所の実態だった。
【目次】
序章 KAT‐TUN、まさか君たちまでもが?/第1章 ジャニー喜多川の愛人だった/第2章 僕は普通の少年だった/第3章 そして、それは始まった/第4章 僕はジャニー喜多川とセックスをした/第5章 ジャニーズ事務所の真実/第6章 ついにデビューへ/第7章 北公次の告発―僕らは立ち上がった/第8章 ジャニーズをやめてもつきまとう芸能界の汚濁/第9章 ジャニーズとの最終戦争

|

« 日本の減らず口を閉じさせる「独島、10のポイント」(韓国日報)・・・逆に、どうも多数の突っ込むところがある「韓国の減らず口を閉口させる」記事内容 | トップページ | 「今日のイエローカードはみんなビックリしたと思いますがわざともらいました!!p(^^)」・・・大分トリニータ、北京五輪代表GK西川周作が、故意に反則したと記入。すぐに謝罪文掲載。 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211038/41925974

この記事へのトラックバック一覧です: KAT-TUN田中、AV嬢小澤マリアと密会もお咎めナシの理由=「ジャニーズ事務所幹部は聖を完全に見放している」・・・特急田中3号(TBS)の視聴率から考えても納得。女性関係も乗り換えしまくりの「特急」か?と揶揄される。:

« 日本の減らず口を閉じさせる「独島、10のポイント」(韓国日報)・・・逆に、どうも多数の突っ込むところがある「韓国の減らず口を閉口させる」記事内容 | トップページ | 「今日のイエローカードはみんなビックリしたと思いますがわざともらいました!!p(^^)」・・・大分トリニータ、北京五輪代表GK西川周作が、故意に反則したと記入。すぐに謝罪文掲載。 »