« 釈放された沢本あすか、あくまで「22歳」と言い張る・・・しかし「14進法で計算したら、30歳に・・・」という突っ込みや、ブログコメントなどに縦書きに「みそじばばあ」などと書かれる。 | トップページ | アダルトビデオ女優、紺野美奈子が自殺をほのめかし、「ご迷惑お掛けして申し訳ございませんでした」と謝罪・・・しかし、そのすぐ後に「死にたい死にたすぎる」と騒動に懲りずにブログ記述。 »

今枝仁弁護士「1人の、愛情を注いだ人間(元少年)が殺されるという事がいかに残酷なのか、理解出来た」(YTV、たかじんのそこまでいって委員会)・・・さらに、「自分が一番欠けていたのは想像力の欠如」「本村さんの気持ちは遥かにその創造を彼方にあった」とも。

----------

----------

今枝弁護士「1人の、愛情を注いだ人間(元少年)が殺されるという事がいかに残酷なのか、理解出来た」
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/news/1209273617/
(記事から)
今枝「もっと本村さんに許されはしないだろうけど、元少年の反省態度を示せたのではないかと思う。それが一番の心残り」
「死刑廃止論に利用されたのではいが、そういうスタンスはあったと思う」
「私は元少年に弁護団解任を命じられたのではない。安田弁護士の発言は撤回して欲しい。」
「橋下さんが煽動した懲戒請求に対する裁判は止める事にした。橋下さんが主張した本質を理解しないといけない。」
「1人の、愛情を注いだ人間(元少年)が殺されるという事がやっと理解出来た、自分の想像を遥かに超えたものだった。」
「自分が一番欠けていたのは想像力の欠如。」

ソース:委員会

441 : ツキノワグマ(岐阜県) :2008/04/28(月) 00:38:21.10 ID:6J9ZsAuE0
正確な発言は、
今枝弁護士「やはり、1人の愛情を注いだ人間(元少年)が殺されるという事の意味が‥」(涙ぐみながら)
鴻池議員「ちょっと待て!殺された方はどないなるねん、ほんなら」
今枝弁護士「勿論、だから最後まで聞いていただけませんか‥」
鴻池議員「泣かんとやれよ!」
今枝弁護士「はい、最後まで聞いてください。
    1人の自分が愛情を向けた人間が殺されるという事がどういうことなのかと
    いうことを想像はしていたけれども、想像を超えてました。だから本村さんの
    気持ちは遥かにその創造を彼方にあったということが一つの感想です」

(・・・昨年5月の橋下徹弁護士の「たかじんのそこまでいって委員会」の扇動発言を受けて、提訴した今枝仁弁護士)

【光市母子殺害】懲戒請求呼びかけに対する訴訟 原告4人のうち今枝弁護士が訴えを取り下げへ
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1209136124/
52 :名無しさん@八周年 :2008/04/26(土) 01:07:33 ID:gJCLNG8r0
アクセス特集・宮崎哲弥+今枝仁+渡辺真理・4月22日(火)
TBSラジオ「アクセス」。
毎週火曜日は宮崎哲弥さんのアクセス特集、「宮崎哲弥に訊け!」です。
今日は、 光市母子殺害事件の弁護団に加わっていた弁護士、今枝仁さんと
本日のテーマ「光市母子殺害事件の差し戻し控訴審」について話しました!
http://tbs954.cocolog-nifty.com/ac/files/actk20080422.mp3

・・・声が沈んでいる。「たかじんの・・・」での放送では、泣きそうになって、声を詰まらせたりする場面もあった。「橋下大阪府知事の2番煎じか?」との突っ込みもあったので、笑えたけど。

光母子裁判めぐる損害賠償訴訟で弁護士1人が訴え取り下げへ
http://news.rcc.jp/?i=NTU4MA==&
(記事から)
原告の一人で元弁護人の今枝仁弁護士は「橋下弁護士の行為は軽率で違法性はあるが、裁判で勝ってお金までとることはしたくない」と話しています。また、「弁護活動において橋下弁護士の意見を参考に、遺族の心にある程度響くようにもっと説明すべきだった」と話し、来週訴えを取り下げる方針です。

弁護士・未熟な人間・今枝仁・・・裁判員になる皆さんの刑事弁護への理解のために
http://beauty.geocities.yahoo.co.jp/gl/imajin28490/
・・・今枝さんが今回の事件のことで、自分の思ったことをブログで話をしている。
(記事から)
◎○◆ 辛抱たまらん
 たかじんのそこまで言って委員会の、「辛坊たまらん」に、僕が今言いたいこと、特に弁護団の方々に聞いていただきたいことが表現されています。
http://www.ytv.co.jp/takajin/tamaran/index.html

・・・この「辛坊たまらん」で、遺族の感情を考えずにやっていた礼節のない弁護活動に対して反省の弁を話している。

市民ら350人、橋下弁護士の懲戒請求へ・・・今枝弁護士との裁判の中で、いろいろと事実誤認をしていたことが見えてくる。
http://newskaisetsu.cocolog-nifty.com/blog/2007/12/post_3ebf.html
詳しいことは、こっちの記事で。橋下徹弁護士自体が、裁判の経緯を詳しく知らないで、報道のみの情報で批判して、懲戒請求をするように扇動した。例えば、「ドラえもんが・・・」の話などが、家裁の調査報告書などに既にあることを知らなかったこととか。

弁護士・未熟な人間・今枝仁・・・裁判員になる皆さんの刑事弁護への理解のために
http://beauty.geocities.yahoo.co.jp/gl/imajin28490/
・・・ここを読む限り、もちろん、今枝さんから発信された情報だから、今枝さんが聞いたことや思ったことを書いているので・・・どちらかというと、「安田好弘弁護士は解任された今枝のことを心配していた」とか、橋下徹弁護士を「人間としての感性は認めます」とか、フォローしまくっていて・・・まあ、人間的にやさしいのか、それとも、そういう性格を見られて、うまく周りから言いくるめられているのか・・・という私の見解はともかくとして、ほとんど差し障りがないことを書いている。
毒を吐けとか、本当のところや真実を言えとか、そういうものは、やっぱり、「たかじんの・・・」でも指摘されていたが、職業上の守秘義務もあるだろうし、法的に問題とならなくても弁護士としての職業倫理(例えば、橋下徹弁護士のように、本人はテレビで「懲戒請求しなさい」と言っておきながら、自分自身は懲戒請求していなかったという事実=信義に反する行為、職業倫理に欠ける)も大きく、今枝弁護士の行動を制約していることは、想像できる。
だから、本当のところや、本音を洗いざらい言えないことは想像できるから、本音の発言なんて期待も持てない。

(・・・今枝さんには、こういうあたりを詳しく話して欲しかったのに、と思うところ)
悲しすぎる弁護士さんらのこと。
http://ameblo.jp/fujii-seiji/entry-10034695526.html
(記事から)
 いつか書こうと思っていたが、この弁護士たちのメンタリティを示すエピソードがある。
 広島高裁の法廷で検察と対峙した弁護団の一人に、安田弁護士と並んで、名古屋のM弁護士もいた。死刑か無期かが争われているある著名な少年事件の刑事弁護をしている人物である。この人がとある死刑廃止集会のあとの食事会の席で、本村洋さんについて次のような内容の言葉を口にした。何を思おうが自由だし、私的な場での発言とはいえ、かれらの本質をよくあらわしていると思うのであえて記すことにする。

「あれは、死刑になる事件じゃない」
「あんなにテレビに出まくって」
「犯罪被害者は、前向きに生きていかなくちゃいけないのに」
「本村さんは、あんなに若いのに恋愛もできない」

 聞くに堪えない愚劣さ。「恋愛をして復讐心を忘れることが被害者遺族の前向きな生き方なのだ」とこの弁護士は言いたいのだろう。もっとも犯罪被害者を貶める言葉である。

・・・まあ、こういうものを大々的に報道して、また本村洋さんの気分を害するのも、いかがなものかとは思う。
そういうのと対照的だが、本村洋さんのマスコミでのインタビュー対応、どう考えても、非のないもの、悩んで苦しんで、いろいろ考えて、それで出てきた言葉だろうから、含蓄や重みがある。

今枝仁について、さらに知りたい人は、こちら

これが、今枝弁護士の言う、元少年F君、彼の姿、彼の言葉、彼の実像だという。

なぜ僕は「悪魔」と呼ばれた少年を助けようとしたのか

脳を鍛える 大人の指先体操

脳を鍛える 大人の指先体操

販売価格¥4,189

最近が物忘れがはげしい・・・、頭がボーッとする・・・、集中力が持続しない・・・「話題の[脳トレ]はじめたいけど…

商品詳細ページへカートページへ

|

« 釈放された沢本あすか、あくまで「22歳」と言い張る・・・しかし「14進法で計算したら、30歳に・・・」という突っ込みや、ブログコメントなどに縦書きに「みそじばばあ」などと書かれる。 | トップページ | アダルトビデオ女優、紺野美奈子が自殺をほのめかし、「ご迷惑お掛けして申し訳ございませんでした」と謝罪・・・しかし、そのすぐ後に「死にたい死にたすぎる」と騒動に懲りずにブログ記述。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211038/41023686

この記事へのトラックバック一覧です: 今枝仁弁護士「1人の、愛情を注いだ人間(元少年)が殺されるという事がいかに残酷なのか、理解出来た」(YTV、たかじんのそこまでいって委員会)・・・さらに、「自分が一番欠けていたのは想像力の欠如」「本村さんの気持ちは遥かにその創造を彼方にあった」とも。:

« 釈放された沢本あすか、あくまで「22歳」と言い張る・・・しかし「14進法で計算したら、30歳に・・・」という突っ込みや、ブログコメントなどに縦書きに「みそじばばあ」などと書かれる。 | トップページ | アダルトビデオ女優、紺野美奈子が自殺をほのめかし、「ご迷惑お掛けして申し訳ございませんでした」と謝罪・・・しかし、そのすぐ後に「死にたい死にたすぎる」と騒動に懲りずにブログ記述。 »