« カラテカ・入江慎也にコンパに呼ばれて、「ホームパーティ」に行ったら・・・「レイプパーティ」「乱交パーティ」だった。「無理やり下着を…」(ジャリズムの山下しげのり)「気取りやがって」(宮迫博之)「頬をビンタ」「じゃあ、君ら、帰ってくれるかな」(今田耕司)という数々の暴言、行動(週刊現代3月29日号から)。 | トップページ | チベット暴動:中国はなぜチベットに執着するのか?・・・辺境の地ともいえるチベット人の自治さえも、まともに認めない理由。 »

チベットから帰国した日本人ツアー客へのインタビュー。「中国当局から話すなと言われています。自分たちの身を守るために話せません」・・・中国当局は、どんな方法で、どういう脅迫をしたのかというのが、非常に興味深いところ。

----------

----------

J-CASTニュースから。
脅しといえば、チベットから帰国した日本人ツアー客へのインタビューを聞いてオヤ!と感じた。
番組では、どこかの空港についた日本人ツアーの女性客にインタビューを試みたが、「中国当局から話すなと言われています。自分たちの身を守るために話せません」と一蹴された。
他局の報道番組でも成田空港に到着したツアーの男性客にインタビューしたが同様のコメント。
中国の報道統制で外国のジャーナリストは現在、チベットに入れない。唯一"真相"の一端を知るツアー客が、日本に帰国してまで自分の目で見た事実を語れないというのは解せない。中国政府の脅しがそれほど怖いのか。

・・・この、中国当局の脅迫があったという内容を放送している番組映像。
NHK-チベットからの帰国邦人談「話してはいけないと言われている」(1:35辺りから)
http://jp.youtube.com/watch?v=sGjvNviTUQY

・・・メディアでは、こういう報道がされている。

チベットの犠牲者達
http://www.tchrd.org/press/2008/pr20080318c.html
・・・まあまあグロいので、注意。
18 March 2008 Tibet
http://jp.youtube.com/watch?v=BfmaW9o8teI
上記の画像にプラス、その他、デモをしている様子のチベット人の画像を加えた映像集。
チベット人民、絶賛虐殺中! ―これが今の中国だ―
http://jp.youtube.com/watch?v=6ZUuTE6YhjE
同じく、中国当局がチベット人を虐待した様子の画像映像。グロな画像を集めたものなので、見たくない人は、見ないほうがいい。基本的には、上記の記事に出てくる画像を集めたもの。

慈悲と修羅
http://sakurachan.dip.jp/up/src/up9840.jpg
・・・漫画であるが、どれだけ中国人がチベット人を虐待、拷問しているかを描いた作品。

見ぬふりされてるチベットでの民族浄化
http://sakuratan.ddo.jp/uploader/source/date74637.jpg
・・・ダライ・ラマ14世が、どうして亡命し、その後、チベット人たちは、どういう待遇を受けたか、など、チベット人の中国による侵略、民族浄化の歴史を書いている。新ゴーマニズム宣言の内容から。

1988年3月チベットで行なわれたこと
http://jp.youtube.com/watch?v=ACwJcQit3m0
・・・中国当局、中国軍によるチベットのデモの鎮圧の様子を放映している。
まだ、そんなにエグい映像は出てきていないので、見てもよいと思われる。
そこそこ、チベット人を袋叩きしているシーンが出てくる。

中国軍がチベットの巡礼者を無差別に撃ち殺す映像
http://jp.youtube.com/watch?v=s3rokl1oF5c
・・・国境を越えて、ダライ・ラマ14世のところに行こうとしている僧侶、信者たちが、中国軍に狙い撃ちされて、射殺される様子。そして、その人たちを匿うヒマラヤ登山をする人たちの映像。

FREE TIBET!! 中国(ex-Tibet)甘粛夏河でのデモ鎮圧の映像 massacre in Tibet
http://jp.youtube.com/watch?v=iW63jKfc3E0
・・・チベット族、僧侶によるデモの様子と、その鎮圧の映像。

BOYCOTT BEIJING OLYMPICS 2008!!
http://jp.youtube.com/watch?v=aiYn28lLXPE
・・・中国の北京オリンピック(祭り)=ラサでの大虐殺(血祭り)、と皮肉った内容。アニメーション。

・・・この内容のアニメーション。

生活道に兵士満載トラック 『アバは戦場だった』 チベット自治州ルポ
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008031990071016.html

・・・こういう感じの状況。アバ・チベット族チャン族自治州(中国四川省)。
(記事から)
自治州の政府庁舎があるマールカン県の手前の検問では、自動小銃を持った警察官が「交通規制のため、地元住民以外は一切進入できない」とさえぎった。記者が「なぜ交通規制で自動小銃が必要なんだ。暴動が起きているはずだ」と尋ねると、「日本の警察も自動小銃ぐらい持っているだろう。理由を言う必要はない」とぞんざいに答え、記者らを追い返した。

・・・記者:「なぜ交通規制で自動小銃が必要なんだ。暴動が起きているはずだ」→警官:「日本の警察も自動小銃ぐらい持っているだろう。理由を言う必要はない」
そんなわけないだろうに。何も知らない、状況が分からない他人が見ても、戦争状態になっているという想像がつく。それを・・・頭が悪すぎる答え。

こういう状況下の中国で、中国当局が情報統制して、他国の者まで脅迫して、NHKの報道映像のように、日本に帰国した者に何も話させないように言論統制したのは、どういう方法で、どんな脅迫をしたのか?と思うところである。

【チベット大虐殺】 日本人観光客、中国に口止め・脅迫される?… 「当局から話すなと言われています。身を守るために話せません」
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1205920379/
・・・中国のやりそうなことは、こういう感じのことではないか?と考えられている。

49 :名無しさん@八周年 :2008/03/19(水) 18:59:23 ID:F60n8Lzc0
ただ話すなって言われただけじゃこうはならんだろうな

観光客集めて誰か一人目の前で殺して
「誰かが喋ったらお前らやお前らの家族全員こうなると思え」
とでも言ったんだろうかね

555 :名無しさん@八周年 :2008/03/19(水) 19:40:10 ID:Sqc/tnKJ0
>>49
>ただ話すなって言われただけじゃこうはならんだろうな

>観光客集めて誰か一人目の前で殺して
>「誰かが喋ったらお前らやお前らの家族全員こうなると思え」
>とでも言ったんだろうかね

中共は昔から、この方法使うよね。
国民の前で反政府の者を公開処刑とか・・・
昔は残虐な方法で殺せば殺すほど出世したし
本当に恐ろしい。

・・・多分、こういう脅迫をしたのに違いない。
また、日本に帰国しても、身の危険が付きまとう。というのも・・・日本は簡単に拉致などされやすい(例:北朝鮮)状況にある国だから。スパイ天国だ。適当な中国系の会社を作って、そこの社員として日本に送り込むとか、日本人の妻とかいう形で日本に入り込んで、いろんな活動をし放題だということだ。

・・・チベットに入域するのに、許可証が必要で、そこに
794 :名無しさん@八周年 :2008/03/19(水) 19:57:11 ID:ecGVy/Qq0
▼パーミット(入域許可証)って?

チベット自治区に正規のルートで入るためには、中国のビザ以外に、自治区旅游局(TTB)が発行する
入域許可証(旅蔵確認函、通称TTBパーミット)が必要です。旅行会社を通してのみ取得できます。

例えば、成都からラサに飛ぶ場合、いきなり航空会社のオフィスに行ってもチケットは売ってもらえません。
成都にある旅行代理店に申し込んで、チケットとパーミットをセットで買うことになります。
ゴルムドからの正規バスの場合も、チケットとパーミットはセットになっています。
もちろんその分割高になります。

ただ、正規のルート以外で入った場合(ゴルムドからの闇バス、四川省からヒッチなど)、許可証を持たずに入域することになります。でも別に問題ないです。チベット滞在中や出るときに調べられたりはしません。
わけがわかりませんが、本当です。

http://www.tibet.to/travel/action.htm
当然、旅行者は住所や名前や滞在日時が当局に記録されます。

・・・例えば、この方、中国のラサに入るのに、中国人の偽IDを使って入域しようということを書いていたりする。
http://blog.livedoor.jp/mai_mo/archives/2006-09.html
つまり、チベット・ラサなんかに旅行に行く人=そういう方法を使って入域する人=かなり辺境の地を旅行して、そういう旅に慣れている者だから、旅行者として強者だと分かる。全部が全部、ヘマをして、中国当局に個人情報が収集されているか?といえば、そうでもないだろうと思われる。
実際、そういう非解放区に許可なく入って(例:ヒッチハイク)も、当局は仕方がないという風に判断するということも書かれていたりする。「チベット旅行の基礎知識」から。

「うわさ流せば厳罰」 中国公安が市民に警告
http://sankei.jp.msn.com/world/china/080319/chn0803191734008-n1.htm
 中国四川省成都市の公安当局者は19日までに、市民に対し、チベット問題をめぐる治安当局とデモ隊の衝突などについて「うわさ、デマを流した場合は容赦なく厳罰に処する」と地元メディアなどを通じ警告した。

・・・こういう情報統制する時点で、中国の国民も政府も、頭が良くない。情報の真偽など、受手側が十分考えて判断するとかいう形になっていない前時代的な国だなあ、と感じずにはいられない。そんなにしてまで、情報が漏れることが困るのか?と思えてくる。・・・所詮、その程度の国だとは分かってはいたが。

(参考)
( `ハ´)<ニポン人、千の風になりたいアルか?
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/news/1205924559/
・・・題でちょっと笑った。

フリー・チベットについて、さらに知りたい人は、こちら

フリーチベット-衣料:[T-シャツ]アジアの偉人と反戦:フリーチベットT-シャツ

太古の海 500g

太古の海 500g

販売価格¥787

【商品説明文】「太古の海500g」は、ヒマラヤ山脈の隆起と共にでた塩湖から、塩水を天日干しにて乾燥させたチベッ…

商品詳細ページへカートページへ

|

« カラテカ・入江慎也にコンパに呼ばれて、「ホームパーティ」に行ったら・・・「レイプパーティ」「乱交パーティ」だった。「無理やり下着を…」(ジャリズムの山下しげのり)「気取りやがって」(宮迫博之)「頬をビンタ」「じゃあ、君ら、帰ってくれるかな」(今田耕司)という数々の暴言、行動(週刊現代3月29日号から)。 | トップページ | チベット暴動:中国はなぜチベットに執着するのか?・・・辺境の地ともいえるチベット人の自治さえも、まともに認めない理由。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211038/40560972

この記事へのトラックバック一覧です: チベットから帰国した日本人ツアー客へのインタビュー。「中国当局から話すなと言われています。自分たちの身を守るために話せません」・・・中国当局は、どんな方法で、どういう脅迫をしたのかというのが、非常に興味深いところ。:

« カラテカ・入江慎也にコンパに呼ばれて、「ホームパーティ」に行ったら・・・「レイプパーティ」「乱交パーティ」だった。「無理やり下着を…」(ジャリズムの山下しげのり)「気取りやがって」(宮迫博之)「頬をビンタ」「じゃあ、君ら、帰ってくれるかな」(今田耕司)という数々の暴言、行動(週刊現代3月29日号から)。 | トップページ | チベット暴動:中国はなぜチベットに執着するのか?・・・辺境の地ともいえるチベット人の自治さえも、まともに認めない理由。 »