« わずか3分間の犯行、病院内部把握し銃撃か。患者射殺事件・佐賀県警・・・この背景に地元暴力団抗争や山口組系組織との関係が関わっている模様。 | トップページ | 小沢民主代表辞任、一転続投劇の衝撃、頓挫した大連立構想の舞台裏・・・山田洋行献金、アメリカの圧力があると考えられている。 »

初代・若乃花隠し子が「花田家暴露本」・・・あの国のあの法則の「絶対法則」に当てはまっているから、このような仕打ちに遭うとのではないか?との噂・・・。

----------

----------

スポニチから。

故二子山親方(元大関・貴ノ花)の兄で「土俵の鬼」とうたわれた初代横綱・若乃花の花田勝治氏(79)の隠し子による告白本「花田家の隠し子 アボジと呼ばせて…」(主婦と生活社)が、9日に発売される。著者は韓国人女性(66)との間に生まれ、花田家の一員になれないまま二子山部屋で8年間を過ごした元力士の花田河成(かわなり)氏(35)。花田勝氏(36)の離婚や若貴の確執について赤裸々に明かしている。
・・・安芸乃島の引退式の時の初代横綱・若乃花の花田勝治氏
・・・この韓国人女性との間に生まれた花田河成氏の話、面白い。
一応、題のところの「絶対法則」はこちらのほうで見てください。
【極東版】あの国のあの法則
http://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/asia/1110377101
《絶対法則》
第一法則 国家間から企業、個人に至るまで、韓国と組むと負ける。

・・・その他、いくつか法則を並べています。花田家の場合、韓国の人に関わったので、こうなった、と考えられています。

(参考)
初代・若乃花隠し子が「花田家暴露本」(痛いニュース)
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1194501598/l50x
初代・若乃花隠し子が「花田家暴露本」(相撲)
http://sports11.2ch.net/test/read.cgi/sumou/1194509900/l50x
【国内】初代・若乃花の隠し子が花田家暴露本「花田家の隠し子 アボジと呼ばせて…」を発売[11/08]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1194471423/l50(東アジア)

(その他)
貴乃花親方&花田勝の二子山部屋遺産相続
http://homepage3.nifty.com/nonu/gsumou.html
・・・記事に出てくる花田河成氏の養子先の話とか、家族関係が複雑なこととか、まあまあ無理に書いていて、逆に余計にこんがらがる可能性もあります。

日本のマスコミ情報だけでは韓国を理解できない
日韓友好のため韓国の新聞を読もう
http://www.geocities.jp/savejapan2000/korea/index.html

(記事から)
 先月に勝氏と美恵子さん(38)が離婚し、スキャンダルがやまない花田家。その隠し子として名門一家の“陰”を見つめてきた河成氏。筆をとった胸中を「父にポイ捨てされた母のためにも、父が生きているうちに書きたかった。僕らの生きた印を残したかった」と明かした。
 72年7月、民族音楽の演奏家として来日した韓国人の母と勝治氏の間にソウルで生まれた。韓国名をパク・ウチャンといい、養子縁組をして13歳で来日。当時の藤島部屋(93年に二子山部屋と合併)に若貴の1年後輩として入門。養子先の「住田」をしこ名に初土俵を踏んだ。

・・・さらに、記事では、花田勝治氏と争って認知され、母親も慰謝料を取っているという。・・・まあ、事実関係をもとに、主張されたことだから、民法的にどうしようもないこと(子供自身が事実に基づいて認知を主張することは、誰にも妨げられないわけで・・・)でしょうけど。母親も慰謝料請求してとるところが、よほど遺恨があったことなんだろうと思われる。
それでいて、花田河成氏、日本国籍取得・・・なんだかなあ、と思う。日本人になっているのに、「アボジ(韓国語でお父さん)と呼びたい」とか書くのが、よく分からない。

「絶対法則」から。
第三法則 第一法則において、韓国から嫌われると法則を回避できる。
      この時、嫌われる度合いと回避できる割合は正の相関関係にある。

・・・まあ、こういう法則からすれば、花田家も、そういう法則によって、だいぶマシな方向に向かうのではないか?と思われる。暴露本まで出され、花田河成氏にかなり嫌われているわけだから。・・・というか、今こういう本を出せば、タイムリーに売れると誰かに言われたのかも、というのも考えられるか。

(記事から)
河成氏が、勝治氏と争った末に認知され、花田姓を名乗ったのは02年5月。勝治氏から母親に支払われた慰謝料は計2000万円だった。その直前に結婚した際、挙式に父・勝治氏の姿はなく、参列したのは二子山親方だけ。「親方がオレの親父だったら…」と何度も思った心境をつづっている。
 03年に日本国籍を取得しており、現在は事業を起こし日韓を行き来する生活。父親への絶縁状を胸に抱えながらも「アボジ(韓国語でお父さん)と呼びたい」と思っていると

・・・でもって、ここの最後3行の「現在は事業を起こし日韓を行き来する生活」というところ、私は、ちょっと面白く感じたのが、「グーグル検索」。
花田河成氏の画像はないか、と探していたら・・・この方のビジネスの内容が偶然ひっかかってきたので、興味深く感じた。

(有)東和産業はオリジナルの二価鉄触媒で、住環境を守ります
(有)東和産業はオリジナルの二価鉄触媒ホルムキラーで、有害な化学物質を吸着分解して住環境を守ります。
http://blog.goo.ne.jp/formkiller/e/17a87ae7493ff3a3917396a0e63b6f64
http://blog.goo.ne.jp/formkiller/e/688115ff81d354909f5725f7709056ab

花田河成氏は、東和産業の中国、韓国の特約店をやっている。
二価鉄触媒(ホルムキラー)というシックハウス症候群を防ぐ商品販売の営業をしているらしい。
・・・有限会社で、沖縄に本社があって、個人的に思うに、この会社、なんか怪しい。

花田河成氏について、さらに知りたい人は、こちら

花田家の隠し子
アボジと呼ばせて
韓国で生まれた著者にとって、初代・若乃花は親父、二子山親方は叔父、そして、若貴はいとこだった…二子山部屋全盛期~若貴の確執の真実までを花田家の“陰”として見つめてきた壮絶半生。

|

« わずか3分間の犯行、病院内部把握し銃撃か。患者射殺事件・佐賀県警・・・この背景に地元暴力団抗争や山口組系組織との関係が関わっている模様。 | トップページ | 小沢民主代表辞任、一転続投劇の衝撃、頓挫した大連立構想の舞台裏・・・山田洋行献金、アメリカの圧力があると考えられている。 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211038/17028076

この記事へのトラックバック一覧です: 初代・若乃花隠し子が「花田家暴露本」・・・あの国のあの法則の「絶対法則」に当てはまっているから、このような仕打ちに遭うとのではないか?との噂・・・。:

« わずか3分間の犯行、病院内部把握し銃撃か。患者射殺事件・佐賀県警・・・この背景に地元暴力団抗争や山口組系組織との関係が関わっている模様。 | トップページ | 小沢民主代表辞任、一転続投劇の衝撃、頓挫した大連立構想の舞台裏・・・山田洋行献金、アメリカの圧力があると考えられている。 »