« にしおかすみこの元彼って・・・当たり屋だったって、知ってました? | トップページ | エコバックって、これ?・・・ヤフオクで、すぐ価格が3万円くらいになるバッグ。しかし、FNNヘッドラインNEWS映像見ると、「エゴバッグ」とか「客の質からブランドイメージのダウン」と揶揄されている。 »

亀田興毅、ポンサクレックの対戦拒否・・・「判定がタイより公平な日本でやったる」・・・って、最初からKOでなく判定が前提?あと、判定のことをお前が言うな。

----------

----------

スポーツナビデイリースポーツスポーツ報知痛いニュースなど、記事多数。

 WBC世界フライ級王者ポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ)が「今年12月5日のタイ・プミポン国王80歳の誕生日に、タイの大宮庭園で行いたい」と条件を提示してきたことに対し、亀田興毅は「なんでオレがタイまで行かなあかんねん。タイでしかオレに勝つ自信がないんや。判定がタイより公平な日本でやったる。逃げてるのはアイツのほうや」と、あくまでも日本での開催を主張した。

スパーリングの様子。

最初から判定のこと言うのも、???だし・・・要するに、完膚なきまでにKOすればいい・・・判定が公平かどうかとか、過去の試合で、ああいう事件があった後で、こんな発言するって、まあまあ笑ってしまうのだが。

(スポーツ報知から)

 亀田側が受け入れないのを見越した明らかな無理難題。ましてタイで日本人選手が世界戦で判定で勝った例はない。1963年1月にタイ・バンコクで15回判定負けし世界フライ級王座から陥落したファイティング原田こと日本プロボクシング協会・原田政彦会長は「昔はダウンを取らなかったり、ダウンを取ってもカウントが遅かったりした。昔ほど露骨な地元有利なジャッジはないだろうが、判定で勝つのはまず難しい。KOで勝つ以外ない」と指摘した。

・・・という風なこともある、とは指摘している。
でも、立ち上がれないくらいなKOをとったら、それで終わる話じゃないの?と思う。
例えば、渡辺二郎はチャンピオンなのに韓国まで防衛戦に行って対戦相手をKOした、なんていうこともある・・・今や、ヤクザ屋さんなのですが・・・。

「判定がタイより公平な日本でやったる」(タテマエ)→(本音)「買収がタイより簡単な日本でやったる」
・・・判定のことが本人の言葉から出ているので、日本でどういう風な判定の仕組みかを知っている=タイも同じか、それ以上、って考えていると、記事を見た多数の人に邪推されています。

(スポーツ報知から)
 亀田側が交渉を決裂させた理由は、推定7000万円の高額ファイトマネーがネックになったからだ。18日のV18防衛戦をプロモートした宮田ジムが発表した王者のファイトマネーは2500万円。「人気や知名度を考えたら、亀田が内藤よりファイトマネーが高いのは当たり前」とピヤラット氏。

・・・ファイトマネーが約3倍にもなっている。亀田の試合は、かなり金の動く試合と熟知している証拠だろう。

亀田興毅についてさらに知りたい人は、こちら

|

« にしおかすみこの元彼って・・・当たり屋だったって、知ってました? | トップページ | エコバックって、これ?・・・ヤフオクで、すぐ価格が3万円くらいになるバッグ。しかし、FNNヘッドラインNEWS映像見ると、「エゴバッグ」とか「客の質からブランドイメージのダウン」と揶揄されている。 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211038/15769931

この記事へのトラックバック一覧です: 亀田興毅、ポンサクレックの対戦拒否・・・「判定がタイより公平な日本でやったる」・・・って、最初からKOでなく判定が前提?あと、判定のことをお前が言うな。:

» 亀田兄弟の人気暴落に歯止めが利かない!チケット無料配布でも客入らず! [亀田一家の黒い疑惑]
ボクシングファンから見捨てられてる亀田兄弟じゃ、 ボクシングの聖地と言われる後楽園ホールでさえも チケットがさばききれないんじゃないのw1万人入る会場押さえて、招待券ばら撒いてけど、 4千人しか入らないってwプププ去年はあんなにも押してい...... [続きを読む]

受信: 2007年7月31日 (火) 14時44分

« にしおかすみこの元彼って・・・当たり屋だったって、知ってました? | トップページ | エコバックって、これ?・・・ヤフオクで、すぐ価格が3万円くらいになるバッグ。しかし、FNNヘッドラインNEWS映像見ると、「エゴバッグ」とか「客の質からブランドイメージのダウン」と揶揄されている。 »