« 源泉の上に建物設置、都会の温泉は危険な構造・・・しかし、それを規制する法律や対策は全くないのが現状 | トップページ | 年金原本記録を再入力、データ作り直しへ、社保庁検討・・・外部委託で6~7年かけて今の膨大なデータを作ったのに、1年程度で照合作業が終了するわけがない。 »

チェルノブイリ原発事故・・・死の灰からモスクワを救うために、どうしたか?

----------

----------

GIGAZINEニュースから。
1986年4月26日、旧ソビエト連邦にあったチェルノブイリ原子力発電所で大規模な爆発事故が発生しました。

当初、ソ連はこの事実を発表しなかったのですが、スウェーデンで放射性物質が発見されて事故が発覚。爆発によって、10トン前後と推定される原子炉内の放射性物質が大気中に放出されました。

この放射性物質からモスクワを守るために行われたのが「雨雲を作る」ことでした。

GIGAZINEニュースには、ロシアのテレグラフの記事を出していたのですが、元ネタが削除されてて現在は見れません・・・。

Aleksei Grushin少佐によると、事故によって発生した放射能雲は、西風にあおられてモスクワやノヴゴロドといった人口密度の高い地区へと広がりつつあり、もし放射性物質を含んだ雨が降ったりすると、百万人規模の大災害になったかもしれなかったという。

そこで、ソ連はヨウ化銀を詰めた砲弾を空に撃って、人工的に雨雲を作って放射性粒子を洗うことにした。ヨウ化銀の粒子は氷や雪の結晶に似ているので、雪片を成長させやすいらしい。

ただし、大都市は守られたものの、降雨をうけたベラルーシの大地は4000平方マイル(約1万平方km)にわたって犠牲になった。この降雨について、1992年からベラルーシを訪問しているFlowers氏によると、人工降雨で放射性物質を降らせることについてベラルーシの人々に注意喚起や警告が一切無かったという指摘がなされている。
・・・このように、チェルノブイリ村以外にも多大な損害を与えているという事故だったというのが分かる。

また、GIGAZINEニュースから、「チェルノブイリは事故から21年経ってどのような姿になったのか」の写真映像、エグいのもあるので・・・

例えば・・・汚染された村では、目の大きさがスイカほどあるような豚や、4つの角を持って生まれた牛、足が8本ある馬などが見られるとのレポートがあるらしい。

例:奇形の牛。

チェルノブイリ原発事故についてさらに知りたい人は、こちら

|

« 源泉の上に建物設置、都会の温泉は危険な構造・・・しかし、それを規制する法律や対策は全くないのが現状 | トップページ | 年金原本記録を再入力、データ作り直しへ、社保庁検討・・・外部委託で6~7年かけて今の膨大なデータを作ったのに、1年程度で照合作業が終了するわけがない。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211038/15504308

この記事へのトラックバック一覧です: チェルノブイリ原発事故・・・死の灰からモスクワを救うために、どうしたか?:

« 源泉の上に建物設置、都会の温泉は危険な構造・・・しかし、それを規制する法律や対策は全くないのが現状 | トップページ | 年金原本記録を再入力、データ作り直しへ、社保庁検討・・・外部委託で6~7年かけて今の膨大なデータを作ったのに、1年程度で照合作業が終了するわけがない。 »