« 消えた年金・・・転勤や引越しをしていないのに、どうして消えた? | トップページ | ほしのあき、しょこたん、ガッキー、エロ画像のように見える・・・フォトショップで遊ぶ。 »

300という数字と年金の深い関係・・・25年×12月=300月で老齢基礎年金受給権発生ってご存知でしたか?

----------

----------

原則ですが、保険料納付済期間+保険料免除期間≧300月・・・老齢基礎年金の受給権発生なのです。ご存知でしたか?

でも、この条件と数字をクリアできない場合は・・・受給権なし、と思いきや、ちゃんと例外もあるのです。
それは、合算対象期間(カラ期間)です。多分、59歳くらいになった方が、年金相談を受けに行った時、奥さんに対して、こういう話がされると思われます。上記の式に、そのカラ期間を加えて、300月になるかどうか計算します。・・・カラ期間というだけあって、もちろん加入期間になるけども、年金額は0円、という期間です。
例えば・・・
・昭和36年4月1日~61年4月1日前の国民年金の任意の加入期間
・日本国籍を有するが、日本に住所を有さない期間(20~60歳未満)
・脱退手当金を受給した人で、その計算の基礎になった期間で昭和36年4月1日以後の期間、かつ、昭和61年4月1日から65歳に達する日の前日までに保険料納付済期間か保険料免除期間を持つ者。
・・・などなど。

・・・だいたい、この脱退手当金って何?って、読んでて、思う人もいるだろう。
昔は、会社を辞めて結婚する場合、そのまま厚生年金を放っておく(老齢時に受給)か、または一時金として払った保険料の一部をもらうのを選択できた制度だ。

現在は、宙に浮いた年金の方々・・・年金受給に結びつかないので放っている・・・が、昭和16年4月1日以前生まれなら、老齢基礎年金の受給権がないということで、この脱退手当金を受給できることもある(条件:厚生年金加入期間5年以上)。
・・・こういう人が、こういう制度を知らないことも、宙に浮いた年金の原因かも。
ウーン、解説がマニアック(笑)。

あと、似たような言葉で、脱退一時金・・・外国籍の人が、本国へ帰る時に、かけてきた年金保険料を何割か返してもらう制度・・・ただし、ドイツなどの通算協定を結んでいる国の人は除外・・・がある。これも、申請してなくて帰国したら、やはり宙に浮いた年金記録だろうと思われます。

さて、話を戻して、そういうカラ期間加算以外に、
厚生年金の中高齢の特例(昭和27年4月1日前生まれの人たち)や、被用者年金制度の特例なんかでも、25年無くても基礎年金受給権が発生することもあります。

老齢の基礎年金の場合は、こうですが、
障害年金、遺族年金では、厚生年金被保険者だった場合、加入期間が300月にならない場合には、300月で計算します。(・・・かなり省略した説明だ・・・)

・・・というように、300という数字は、年金とよくからんでくる数字なのでした。

また、参照数が、ガクンと下がりそうなネタ、書いてしまった。

その他、年金についてさらに知りたい人は、こちら

|

« 消えた年金・・・転勤や引越しをしていないのに、どうして消えた? | トップページ | ほしのあき、しょこたん、ガッキー、エロ画像のように見える・・・フォトショップで遊ぶ。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211038/15423153

この記事へのトラックバック一覧です: 300という数字と年金の深い関係・・・25年×12月=300月で老齢基礎年金受給権発生ってご存知でしたか?:

« 消えた年金・・・転勤や引越しをしていないのに、どうして消えた? | トップページ | ほしのあき、しょこたん、ガッキー、エロ画像のように見える・・・フォトショップで遊ぶ。 »