« 「ねんきんダイヤル」の電話対応者、求む・・・未経験OK!でも年金相談って、そんな簡単なもんじゃないでしょうに。 | トップページ | 市町村の1割、すでに廃棄=国民年金の被保険者名簿・・・社保庁調査。消えた年金記録、原簿で調べようがない。 »

年金支給漏れ問題・・・<年金事務処理>社保庁ミスの未払いや過払い、半数公表せず、なわけだから、公表されてない=問題にされてないものも多いでしょう、ということ。

----------

----------

毎日新聞から
社会保険庁側の事務処理のミスで年金の未払いや過払いが05年4月~06年12月に、全国の社会保険事務所で320件発生し、ほぼ半分の152件は公表されていないことが分かった。
公表の判断は各社会保険事務局に委ねられていた(・・・だから出てこない・・・)が、社保庁は05年12月、行政の過失で誤った処分などを行った場合、報道機関などに公表するよう社保事務局に通知した。
06年5月には公表の徹底を伝えたが、徹底されていない可能性が高い。ミスの公表実態が明らかになったのは初めて。

05年度は社保事務所での事務処理の誤りによる未払いが38件(計4213万円)あり、公表したのは3分の1以下の11件。
06年度(06年12月28日まで)は104件(計1億5896万円)で、公表は80件にとどまった。
・・・これは、支給漏れの場合。受給できなかったという件数。
もちろん、受給権は現行では、5年なので、消滅している受給額もあるだろう。

過払いは05年度が95件(計1億6136万円)で公表はわずか5件。
06年度(06年12月28日まで)は83件(計1億4901万円)のうち72件が公表され、残る11件が非公表となった。
・・・これは、過払いといって、社会保険庁が記録をミスして年金を払いすぎていたという場合。
例えば、障害年金をもらっていたけど、老齢年金に選択しなおした(例:障害年金を受給できる障害等級でなくなった、とか)という場合・・・本来なら障害年金を停止して、老齢年金を支払うのだが、事務処理ミスがあれば、もちろん、余計に年金を払ってしまう場合がある。
 内払い、過誤払いという処理の方法もある・・・例:障害年金のお金を、老齢年金のお金として払ったとする調整を、内払いという。

・・・公表はいずれも個人が特定されないように名前などは出ない。ミスの概要を明らかにすることで、早期対応や再発防止が狙い。社保庁によると、社保事務所の事務処理ミスのデータは05年4月以降しか集計していないという。

社保庁の05年12月の通知では、例外的に、年金受給者らへの影響が極めて少ないと判断される場合、社保庁サービス推進課と協議のうえ、公表しないことも可能とした。しかし、06年5月の通知では、この部分は削除した。
新たに「公表を控えるよう強く要請されない限り、公表する」とした上で、強く要請されても、その取り扱いは社保庁サービス推進課と協議すると明記した。

ただ、一部では、サービス推進課と協議せずに非公表にしたり、強い要請がないにもかかわらず、公表していない例があるとみられる。

・・・疑いだしたら、キリがないですが・・・。公表しなかったら、何にも分からない。まさに大本営発表みたいな感じである。

その他、年金についてさらに知りたい人は、こちら

(参考記事)社保庁「ねんきんダイヤル」・・・質問に対応できない内容もあることを知っているか?

「ねんきんダイヤル」の電話対応者、求む・・・未経験OK!でも年金相談って、そんな簡単なもんじゃないでしょうに。

社会保険庁へ問い合わせ殺到・・・質問者は頭を使って問い合わせよう


年金問題・・・どういう時に時効が進行するのか知っているのか?疑問だ

年金=保険かけた人のみ、老齢のみの受益でない・・・いつも年金議論で欠ける話

激怒することと権利主張のみは一人前・・・社会保険への無知が国民を、そうさせる。審査請求制度を知るべし。

年金記録 生年月日不明30万件 入力ミスも 社保庁ずさん管理

年金手帳が2冊、3冊ある、何故なのか、検証する・・・加入期間照会回答内容を見る前の基礎知識

記録ミスに、3つのパターンがある・・・本当に社会保険庁だけの責任か?

年金記録の考えられるミスパターン

年金記録の管理について・・・PDFで、分かりやすい図表、解説が社保庁HPに出ている。その他、「年金登録ミスが起きそうな芸能人」記事に余計な突っ込み。

社保庁HPで年金加入記録を見る・・・標準報酬月額や標準賞与額という用語や社会保険のしくみも分からない、知らないくせにか?プッ

題と書いてる中身が、まあまあデタラメだと思うが(笑)・・・岩瀬達哉氏

基礎年金番号制度の歴史を知る・・・それによって5000万件の記録のことが、よく分かる。 

払ったのに保険料未納で一番深刻な場合・・・社保庁職員横領は?さらに合法的な横領(国年法73条、厚年法79条)は?

事務的経費だけで90億円・・・5000万件全件照合費用。しかし、最終的には莫大な額に・・・

特例納付制度という昔の制度をご存知か?・・・事務処理が煩雑になった年金納付記録消滅の一因との指摘

|

« 「ねんきんダイヤル」の電話対応者、求む・・・未経験OK!でも年金相談って、そんな簡単なもんじゃないでしょうに。 | トップページ | 市町村の1割、すでに廃棄=国民年金の被保険者名簿・・・社保庁調査。消えた年金記録、原簿で調べようがない。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211038/15413068

この記事へのトラックバック一覧です: 年金支給漏れ問題・・・<年金事務処理>社保庁ミスの未払いや過払い、半数公表せず、なわけだから、公表されてない=問題にされてないものも多いでしょう、ということ。:

« 「ねんきんダイヤル」の電話対応者、求む・・・未経験OK!でも年金相談って、そんな簡単なもんじゃないでしょうに。 | トップページ | 市町村の1割、すでに廃棄=国民年金の被保険者名簿・・・社保庁調査。消えた年金記録、原簿で調べようがない。 »