« <年金問題>政府・与党が新たな対応策・・・雇用保険の情報活用へ | トップページ | 第三者委員会と社会保険審査会・・・法的拘束力の有無 »

消えた年金記録、記事いろいろ・・・今後もまだ問題でてきそう。

----------

----------

昨日のyahooニュースから。
「年金記録ない」30年支給拒まれ500万円時効に・・・兵庫
6月24日 読売新聞から。

 兵庫県豊岡市の女性(90)が、戦中から戦後にかけて会社勤めをした際に加入していた厚生年金を受給しようと、約30年前に豊岡社会保険事務所に申請したものの、「記録がない」と支給を拒まれ、昨年になって加入記録が見つかっていたことが分かった。

 女性は最近5年分約150万円を受け取ったが、残る24年分約500万円は時効で受給できずにいる。女性は事務所に記録漏れを再三訴えたといい、社会保険庁関係者は、窓口の職員が必要な確認作業を怠ってきた可能性を指摘している。

 女性の四男(58)によると、女性は1944年~52年、鳥取市内の商社などに通算約5年勤務。60歳になった77年、同事務所で受給申請したものの、厚生年金の加入記録が見つからず、退職後に加入した国民年金しか受給できなかった。女性は2、3年ごとに窓口で再確認を求めたが、その都度「該当なし」とされた。昨年、四男が女性に代わって事務所を訪ねると、「鳥取社会保険事務所に確認する」と初めて言われ、約3週間後に記録があったと連絡が入った。

・・・役所に行くときは、女性の方は、上記のような記事のように、なめられた対応されることが多いので、できれば、ややこしそうな人(ヤクザ不可(笑))・・・例えば、社労士資格のある人で男の人を連れて行く。その前に、ある程度、説得力ある証拠も持っていっておく。
しかし、24年分の約500万円、時効で受給できない、ですか。損失金額も大きいけど、90歳まで生きてられたこの記事の女性も凄い。
・・・私なら、不作為違法の訴え(行政事件訴訟)とか、国家賠償を請求しますね。
これも、何か客観的・具体的証拠を持ってこないと難しいといえば、難しいのですが・・・。

年金記録「4年で全件照合できる」 厚労省
6月24日 産経新聞から。
 年金記録修正のために行う、社会保険庁のオンライン記録と原簿の手書き台帳との全件照合について、厚生労働省が「4年程度で完了できる」との見通しを与党側に伝えていたことが23日、分かった。10年かかるとされた作業だが、人海戦術や未入力記録のオンライン化などで期間短縮できるというものだ。ただ、これには膨大な予算が必要とみられ、政府・与党内で「新たな予算措置もやむを得ない」との機運が高まるのを待つ厚労省側の狙いもちらつく。

・・・自分たちでミスしていたのもある、記録をちゃんと毎回確認・整理してたら、こういう問題にならなかった、予算を使うこともなかったわけなのに・・・と思うのだが。これをもとに、予算の増額をはかるという省庁間の予算の綱引きに利用される話だというのが、何だかねえ・・・。

消えた年金 大企業「転職ゼロ」ビジネスマンも危ない
6月24日日刊ゲンダイ

 消えた年金問題で、「自分は大丈夫」とタカをくくっているのが、転職経験ゼロのビジネスマン。ずっと同じ会社にいれば、記録もひとつ。データが消える可能性は低いと過信している。しかし「終身雇用タイプ」が多い大企業の社員ほど、実は安心できない。
 大手企業の年金は、基礎年金と厚生年金に、企業独自の厚生年金基金が上乗せされた「3階建て」が多い。このタイプは、本来は国が運用する厚生年金の一部も厚生年金基金に加えて運用できる「代行」という「特権」が国から与えられた。しかし、バブル崩壊後は株式相場の低迷などで運用難になり、トヨタ、日立など、代行を返上する大企業が続出。これが「新たな消えた年金問題」につながる可能性があるという。
・・・記事を短くして話すと、厚生年金基金自体の資金運用がうまくいかず、運用していた年金資金を国へ・・・具体的には、厚生年金基金連合会へ資金を渡して、解散する・・・のですが、そのときに、加入者の年金記録を、社会保険庁のデータと比較、修正するという作業をする。
この記事では、事情通によれば・・・「社保庁が国民年金を対象に実施したサンプル調査では、全体の1%強に間違いが見つかっています。そのため、厚生年金についても調査する方針を固めていますが、代行返上をめぐっては、データの食い違いが5%に達するケースもあった。」という。
だから、厚生年金基金が解散した会社に、解散前から勤めている人は、データがおかしくなっている可能性がある、ということです。

その他、年金について、さらに知りたい人は、こちら

(参考記事)社保庁「ねんきんダイヤル」・・・質問に対応できない内容もあることを知っているか?

「ねんきんダイヤル」の電話対応者、求む・・・未経験OK!でも年金相談って、そんな簡単なもんじゃないでしょうに。

社会保険庁へ問い合わせ殺到・・・質問者は頭を使って問い合わせよう

年金記録照会のシステム障害が起こるワケ・・・レガシーシステム

旧厚生省担当課長の暴言・・・「厚生年金保険制度回顧録」、国会で指摘

「厚生年金保険制度回顧録」とは、こんな本です

判読不能多数、年金記録マイクロフィルム・・・記録自体がコレでは、特定困難に

年金問題・・・どういう時に時効が進行するのか知っているのか?疑問だ

年金=保険かけた人のみ、老齢のみの受益でない・・・いつも年金議論で欠ける話

激怒することと権利主張のみは一人前・・・社会保険への無知が国民を、そうさせる。審査請求制度を知るべし。

年金記録 生年月日不明30万件 入力ミスも 社保庁ずさん管理

年金手帳が2冊、3冊ある、何故なのか、検証する・・・加入期間照会回答内容を見る前の基礎知識

記録ミスに、3つのパターンがある・・・本当に社会保険庁だけの責任か?

年金記録の考えられるミスパターン

年金記録の管理について・・・PDFで、分かりやすい図表、解説が社保庁HPに出ている。その他、「年金登録ミスが起きそうな芸能人」記事に余計な突っ込み。

社保庁HPで年金加入記録を見る・・・標準報酬月額や標準賞与額という用語や社会保険のしくみも分からない、知らないくせにか?プッ

題と書いてる中身が、まあまあデタラメだと思うが(笑)・・・岩瀬達哉氏

基礎年金番号制度の歴史を知る・・・それによって5000万件の記録のことが、よく分かる。 

払ったのに保険料未納で一番深刻な場合・・・社保庁職員横領は?さらに合法的な横領(国年法73条、厚年法79条)は?

事務的経費だけで90億円・・・5000万件全件照合費用。しかし、最終的には莫大な額に・・・

特例納付制度という昔の制度をご存知か?・・・事務処理が煩雑になった年金納付記録消滅の一因との指摘

年金支給漏れ問題・・・<年金事務処理>社保庁ミスの未払いや過払い、半数公表せず、なわけだから、公表されてない=問題にされてないものも多いでしょう、ということ。

市町村の1割、すでに廃棄=国民年金の被保険者名簿・・・社保庁調査。消えた年金記録、原簿で調べようがない。

消えた年金・・・転勤や引越しをしていないのに、どうして消えた?

300という数字と年金の深い関係・・・25年×12月=300月で老齢基礎年金受給権発生ってご存知でしたか?

船員保険と厚生年金の関係・・・船員保険でも未統合36万件という船員保険制度の記事解説。新聞記事切抜き掲載しかできないブロガーには分かるかな?わかんねえだろうなあ。

1430万件の原簿廃棄・・・厚生年金の「旧台帳」、社保庁

三井住友銀行、スタンドプレー。10年間の年金保険料引き落とし証明書発行・・・でもね、本当に問題になってるのは10年以上前の記録なんだけど・・・(だから、ほとんど無意味)。

年金原本記録を再入力、データ作り直しへ、社保庁検討・・・外部委託で6~7年かけて今の膨大なデータを作ったのに、1年程度で照合作業が終了するわけがない。

<年金問題>10年前から苦情、しかし社保庁、トラブルを放置・・・内閣府国民生活局の統計による

社会保険庁職員、障害厚生年金でミス、自分で現金振り込み・・・こういうミス処理って、国民感情的にOKですか?

厚生年金被保険者原簿、社保庁が83万件廃棄、バックアップせず・・・またですかぁ。

社保庁職員のボーナス・給与カット検討、首相も一部返上へ・・・ちなみに職員平均34.6歳で約62万円

<年金問題>政府・与党が新たな対応策・・・雇用保険の情報活用へ

|

« <年金問題>政府・与党が新たな対応策・・・雇用保険の情報活用へ | トップページ | 第三者委員会と社会保険審査会・・・法的拘束力の有無 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211038/15553111

この記事へのトラックバック一覧です: 消えた年金記録、記事いろいろ・・・今後もまだ問題でてきそう。:

» 厚生年金 保険 [年金を全額受給]
厚生年金保険料、未納企業の従業員救済を検討日本経済新聞政府は、勤務先企業の保険料未納などが原因で、厚生年金保険料を給与から天引きされたにもかかわらず、社会保険庁に記録がない人の救済策の検討に入った。社保庁の記録漏れや企業の事務処理ミスの場合は幅広く支給を..... [続きを読む]

受信: 2007年6月30日 (土) 21時21分

» 厚生 年金 基金の最新ニュースをお届けします! [株・経済情報局]
厚生年金基金の一時金について厚生年金基金の一時金について主人が転職したため、ある厚生年金基金から、一時金を受け取るのか、それとも企業年金連合会に移換するのか等について、書類が送られてきました。一時金の額は10... [続きを読む]

受信: 2007年7月 1日 (日) 07時34分

» ソニー生命 学資保険 [ソニー 生命学資保険|学資保険]
ソニー生命学資保険の当サイトをご覧いただきありがとうございます。 [続きを読む]

受信: 2007年7月18日 (水) 08時30分

« <年金問題>政府・与党が新たな対応策・・・雇用保険の情報活用へ | トップページ | 第三者委員会と社会保険審査会・・・法的拘束力の有無 »